車 売る 必要書類

車を売る際の必要書類について

車を売る際の必要書類について説明します。
中古車の買取は様々な業者が手がけていて、査定も気軽に受けられるようになってきていますが、査定を受けるときに必要なものがあります。
店舗に出向いて査定を受ける場合であっても、出張査定を受ける場合であっても、「車検証」と「自賠責保険証書」の2点はどの業者でも必要なものです。
忘れずに準備しておくようにしましょう。

 

「車検証」とは、正式には「自動車検査証」と呼ばれ、新車の登録時に発行され、ナンバーや用途、所有者、車検日などの情報が記載されています。
「自賠責保険証書」は、正式には「自動車損害賠償責任保険」で、車の所有者は必ず入らなくてはならない保険であるため、「強制保険」とも呼ばれています。

 

 

また、査定とは別に、売却が決まった場合にも必要なものがあります。
車検証と自賠責保険証書のほか、自動車税の納税証明書、実印、印鑑証明(2〜3通)、印鑑を持参しましょう。
これは業者によって何通必要か指示されます。
売却の手続きは通常、買取業者に代行してもらえますので、事前に必要なものを確認しておくといいでしょう。

 

その他引越しなどで名義変更していない場合などには住民票が必要となる場合がありますが、
査定の際に中古車業者が細かく教えてくれるので、まず査定してもらうのがいいかと思います。