自動車 買取 傷

傷が付いた自動車の買取額

どんなに大事に扱っていても、日々使っていれば自動車にも多少は傷ができてしまうものです。
そんな車体の傷は、査定に出す前に修理しておいた方がいいのでしょうか?

 

実際には、砂やほこり、風雨などで自然についた傷(経過年数相応の細かいもの)は、買取額に大きく影響することはありません。
影響があるのは、引っかき傷やヘコみなど、ぶつけたり当たったりすることで付いてしまった傷です。

 

自分で直せるくらいの小さなかすり傷程度であれば、自動車用品店でキットを購入して直しておくと良いでしょう。
ただ、綺麗に修理できる自信がないのであれば、やめておいた方が無難です。

 

車体に目立った傷ができてしまっている場合でも、板金屋に持ち込んで修理などをしてもらう必要はありません。
修理してもらったところで、修理代を上回るほど査定価格が上がることはないのです。

 

自動車の買取業者のほとんどは、自社に修理工場を持っていたり、修理会社と提携していたりするため、個人が修理工場へ持っていくよりもはるかに安く修理に出すことができるものです。
そのため、自分で修理代を払って直すよりも、そのまま買取業者に相談した方がお得なである可能性が高いです。